home

いとせクリニック

大腸内視鏡検査

こんな症状でお悩みの方はご相談ください

  • 大腸がんの家族歴がある方
  • 大腸ポリープを切除した経験がある方
  • 健康診断で、便潜血検査が陽性だった方
  • 便秘・下痢でお悩みの方
  • 血便が出る方
  • 便が細くなった方
  • お腹が張っている方
  • 体重が急に減った方
  • 貧血でお悩みの方
  • 40歳以上の方

など

このような症状でお悩みの方は、尼崎市武庫之荘のいとせクリニックまでご相談ください。

大腸カメラ検査について

大腸がんは予防可能ながん

大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)とは、肛門から内視鏡を挿入して、直腸から盲腸までの大腸全域を詳細に観察する検査です。

以前、大腸カメラ検査を受けられた方の中には、「あまりにつらくて、二度と受けたくない」と思われている方もおられるかと思いますが、当クリニックでは、最新設備や技術を導入して、つらくない・苦しくない検査を心がけています。

大腸がんは、定期的に検査を受けることで、予防することが可能ながんです。

胃がんと違い、大腸がんは一部を除いて、大腸ポリープから発生します。
そのため、定期的な大腸カメラ検査で疑わしい大腸ポリープを切除すれば、予防できるというわけです。

女性のための大腸カメラ検査

食生活の変化などの要因により、大腸がんになる方の数が増えています。
男性のがんでは第3位、女性では第1位となっています。

こうしたことから、当クリニックでは、女性の方にも積極的に検査を受けていただきたいと考えています。

女性の方が受診しやすいように、「専用トイレが付いた完全個室の前処置室(追加料金なし)」「授乳スペースにもなる多目的室」など、設備・サービスの充実をはかっています。

大腸ポリープがある方などは年1回の検査を

以前、大腸カメラ検査を受けられて、大腸ポリープがあった方は、年1回、定期的に検査を受けられることをおすすめします。

なお、大腸ポリープの種類・大きさにもよりますが、ポリープが見つかった際には、その場で切除することが可能です。
そのほか、潰瘍性大腸炎の治療を受けられている方や、クローン病をお持ちの方などにも、年1回の定期的な検査をおすすめします。

大腸ポリープ切除について詳しくはこちら

大腸カメラを尼崎市で~当院の内視鏡検査の特徴~

精度の高い観察

精度の高い観察

当クリニックでは、富士フイルム社製の新世代内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」を導入しています。

これは、光源にレーザーを使用した、世界初の内視鏡システムで、「BLI(Blue LASER Imaging)」「LCI(Linked Color Imaging)」といった機能により、小さな病変や異変も見逃さずに発見することが可能です。

大腸カメラ検査でも静脈内鎮静法を実施

当クリニックでは、大腸カメラ検査でも静脈内鎮静法を実施しています。

眠っているのとほとんど同じ状態で検査が受けられるので、内視鏡検査に対する不安や恐怖心が強い方でも安心です。

炭酸ガス(CO2)を使用

大腸カメラ検査では、腸管内に空気を送気して膨らませ、観察しやすい環境を作ります。

当クリニックでは、空気ではなく、生体吸収性に優れた炭酸ガス(CO2)を使用しますので、検査後の張りや痛みがほとんどなく、患者様の負担軽減と、スムーズで安心・安全な検査に繋がります。

専用トイレ付きの前処置室(完全個室)を完備

当クリニックで検査前の前処置(下剤を服用)を行う方のために、専用トイレ付きの前処置室をご用意しております。

完全個室ですので、プライバシーを心配する必要はありません。
1日2名様限定ですが、追加料金なしでご利用いただけます。

検査の特徴について詳しくはこちら

大腸カメラ検査で発見できる病気

大腸カメラ検査は大腸がんの予防・早期発見に有効

大腸カメラ検査は大腸がんの予防・早期発見に有効

大腸カメラは、腫瘍マーカー値などの従来の大腸検査では発見が難しい、早期の大腸がんを発見することが可能です。
そうしたことから、大腸がんの予防・早期発見のために、大腸カメラ検査の受診が推奨されています。

大腸カメラ検査では、粘膜を直接目で見て観察するので、大腸がんを正確に診断することができます。

検査で発見できる主な病気

  • 大腸がん
  • 潰瘍性大腸炎
  • 大腸ポリープ
  • クローン病
  • 虚血性腸炎
  • 感染性腸炎
  • 大腸憩室症

など

0664381107 0664381107

オフィシャルサイトはコチラ

top

ウェブ予約

06-6438-1107