home

いとせクリニック

当クリニックの内視鏡検査

当クリニックが目指す内視鏡検査

病気の早期発見に役立つ精度の高い検査

病気の早期発見に役立つ精度の高い検査

尼崎市武庫之荘のいとせクリニックでは、内視鏡検査の経験が20年以上あり、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医である院長が、痛みが少ない・苦しくない内視鏡検査を実施しています。

内視鏡の専門医として、胃がんや大腸がんなどの大きな病気の見逃しがないように、病気の早期発見に役立つ精度の高い検査を行います。

定期的に受け続けられる負担の少ない検査

内視鏡検査は「一生に一度の検査」ではなく、年1回など、定期的に受け続けることが大切な検査ですので、「次の定期検診」に繋がる負担の少ない検査を心がけています。

「胃カメラ検査は苦手」「以前受けた大腸カメラ検査がつらかった」という方も、お気軽に当クリニックまでご相談ください。

当クリニックの内視鏡検査の特徴

新世代内視鏡検査システムを導入

新世代内視鏡検査システムを導入

当クリニックでは、富士フイルム社製の新世代内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」を導入。

光源にレーザーを使用した、世界初の内視鏡システムです。こちらの内視鏡検査システムの大きな特徴は、細かな変化や異常の早期診断をサポートしてくれる点です。

通常の観察以外にも粘膜の細かな血管や構造などが鮮明に表示される「BLI(Blue LASER Imaging)」や、粘膜の微妙な色の違いを強調して、正確な炎症診断が可能となる「LCI(Linked Color Imaging)」などの機能が搭載されていて、従来の観察では発見しづらかった早期のがんや、粘膜の変化なども見つけることが可能となります。

経鼻内視鏡検査を実施

経鼻内視鏡検査を実施

当クリニックの胃内視鏡検査(胃カメラ検査)には、2種類の方法があります。

口から内視鏡を挿入する「経口内視鏡検査」と、鼻から挿入する「経鼻内視鏡検査」です。

経鼻内視鏡検査は、内視鏡が咽頭に当たらないため、経口内視鏡検査の時のような嘔吐反射が起こりにくく、検査時の負担軽減に繋がります。

「胃カメラ検査を受けた時、吐き気がつらかった」という方には、経鼻内視鏡検査をおすすめいたします。

静脈内鎮静法を実施

内視鏡検査に対する不安や恐怖心が強い方のために、当クリニックでは「静脈内鎮静法」を実施しています。
鎮静剤を使用することで、眠っているのとほとんど同じ状態で検査が受けられます。

「気がついたら、検査が終わっていた」という方も。

当クリニックでは、胃カメラ検査、大腸カメラ検査の両方で、静脈内鎮静法を行っています。

内視鏡用炭酸ガス送気装置(UCR)を導入

大腸カメラ検査で、内視鏡を挿入する時、観察しやすくするために、腸管内に空気を送気して膨らませます。

当クリニックでは、空気ではなく、生体吸収性に優れた炭酸ガス(CO2)を使用しますので、検査後の張りや痛みがほとんどなく、患者様の負担軽減と、スムーズで安心・安全な検査に繋がります。

観察時間を短縮

観察時間を短縮

当クリニックが導入している、富士フイルム社製の新世代内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」では、極細径の高画質内視鏡によって、観察時間が短縮可能なので、従来よりも検査にともなう負担が軽減されます。

また、大腸カメラ検査では、検査中に内視鏡の硬度を変化させることができるので、腸管内の形態に応じて硬さを変えることで、スムーズに奥まで挿入することが可能となり、観察時間の短縮に繋がります。

内視鏡先端フードを使用

内視鏡の先端にフードを取り付けることで、挿入が容易となり痛みが抑えられるだけでなく、病変の見逃し防止に繋がります。

精度の高い強い味方として、当クリニックでは内視鏡先端フードを使用しています。

カプセル内視鏡検査を実施

カプセル内視鏡検査とは、カプセル内視鏡を内服し、センサーで画像を受信することで、大腸の状態を詳しく確認する検査です。

通常の大腸カメラ検査よりも下剤をたくさん飲んでいただくことになりますが、挿入時の痛みはありませんし、恥ずかしさを感じずに検査が受けられます。

カプセル内視鏡検査を実施しているクリニックは、あまり多くはありません。

ご興味がございましたら、ぜひ一度、当クリニックまでお問い合わせください。

徹底した衛生管理・内視鏡洗浄専門スタッフを配置

感染対策に力を入れて取り組む当クリニックでは、徹底した衛生管理を行っています。

内視鏡洗浄システムで、常に内視鏡を清潔な状態に保つほか、内視鏡洗浄専門のスタッフを配置して、高いレベルでの消毒・洗浄を実現させています。

尼崎市で女性の内視鏡なら、いとせクリニック

女性ならではの「きめ細やかさ」を活かしたデザイン

女性ならではの「きめ細やかさ」を活かしたデザイン

尼崎市武庫之荘のいとせクリニックの内装は、「清潔」「明るい」「丁寧」「きめ細やか」をコンセプトに、女性の視点に立って、細部にまでデザイン・環境にまでこだわっています。

女性同士なら共感できても、男性だと今一つピンとこないこともありますので、女性ならではの気づきを反映させるために、クリニックの設計は女性設計士の方にお願いしました。

専用トイレが付いた完全個室の前処置室(追加料金なし)もご用意して、快適さとプライバシーに配慮しています。

子育て世代のママにも内視鏡検査を受けていただくために

子育て世代のママは、どうしてもお子様中心の生活を送ることになり、ご自身の健康に目を向けにくい状況にあります。

しかし、一度大きな病気にかかると、入院のためにお子様から離れざるを得なくなる場合があります。

そうした事態を避けるためにも、子育て世代のママにも積極的に内視鏡検査を受けていただき、大きな病気の予防・早期発見に努めていただければと考えています。

「内視鏡検査、特に大腸カメラ検査は敷居が高い・恥ずかしい」とお思いの方もおられるかと思います。
しかし、女性のがんの死因第1位は大腸がんです。

大腸がんは、定期的に内視鏡検査を受ければ、予防することが可能です。
早期発見・早期治療のためにも、是非、子育て世代のママを含む女性の方も、当クリニックまでご連絡ください。

プライバシーの心配なし!快適に過ごせる!専用トイレ付きの前処置室(完全個室)

大腸カメラ検査では、観察しやすくするために、2時間程度の時間をかけて下剤を飲み、大腸の中を空っぽにしていただかなくてはいけません。

これを「前処置」といいます。
前処置は、ご自宅でも行っていただけますが、クリニック内にも、前処置のためのお部屋をご用意しています。
1日2名様限定ですが、追加料金なしでご利用いただけます。

完全個室

当クリニックの前処置室は、完全個室。

まわりの患者様の目を気にすることなく、リラックスしてご準備していただけます。
各室の間にスペースがありますので、隣が気になりません。

更衣室もすぐ横にありますので、検査までスムーズです。

専用トイレ付き

前処置室内に、専用トイレをご用意しております。

他の患者様と同じトイレを使用しなくて済むので、安心です。
もちろん、トイレはいつも清潔な状態を保っています。

リクライニングチェア・テレビ・サイドテーブル

快適にお過ごしいただけるように、前処置室内には、リクライニングチェアとテレビを設置。

また、テレビをご覧になりながら、楽な姿勢で下剤が飲めるように、サイドテーブルもご用意しております。

子育て世代のママも安心!授乳もできる多目的室(完全個室)

乳幼児や小さなお子様連れの方のために、完全個室の多目的室を設置しています。

カーテンを引けば外から中が見えないので、授乳スペースとしてもお使いいただけます。
小さなお子様が退屈しないように、本やおもちゃもご用意しております。

室内の壁には、リラックス効果のある色を配色。
空気清浄機も設置しておりますので、室内の空気はいつも清潔です。

お子様連れでも安心!まわりの方の視線が気にならない待合スペース

クリニック内に、通常の待合室とは別にもう1箇所、待合スペースを設けております。

待合室のソファの反対方向(背中側)にありますので、小さなお子様をお連れの場合でも、まわりの患者様の視線が気になりません。

トイレもそばにありますので、急にお子様が「トイレに行きたい」と言った時でも、すぐに連れて行くことができます。

ゆっくりお休みいただける!リカバリースペース

内視鏡検査後は、ストレッチャーのままリカバリースペースへ移動できるように設計されています。
リカバリースペースには、ベッドやリクライニングチェアをご用意していて、ご希望に応じて好きなところでお休みいただけます。

ベッド・リクライニングチェアは、それぞれカーテンで仕切って、プライバシーに配慮しています。

カーテンの柄も、「病院らしくない、温かみのある柄」「開放感が感じられる柄」を選ぶなど、細かな部分にもこだわっております。

0664381107 0664381107

オフィシャルサイトはコチラ

top

ウェブ予約

06-6438-1107