home

いとせクリニック

大腸ポリープ手術

大腸ポリープとは

がん化する前に切除することが重要

がん化する前に切除することが重要

大腸ポリープとは、大腸にできるポリープのことで、大きく「腫瘍性ポリープ」と「非腫瘍性ポリープ」に分けられます。

非腫瘍性ポリープはすべて良性なので問題ないといえますが、腫瘍性ポリープには良性と悪性があり、悪性腫瘍の多くが腺がんです。

大腸がんはこの腺がんタイプのものが多く、一部を除き、大腸腫瘍が悪性化して発生するとされています。

そのため、大腸がんを予防するためには、定期的に大腸カメラ検査を受けて、腫瘍性ポリープががんに移行する前に切除することが重要となります。

日帰り手術で切除可能

大腸カメラ検査を受けて、大腸ポリープが見つかった場合は、種類・大きさにもよりますが、当クリニックの日帰り手術で切除することが可能です。

大腸ポリープは、自覚症状がほとんどないため、健康診断や人間ドックなどで発見されるケースがほとんどです。

早期に発見し、切除することで大腸がんは予防することが可能ですので、大腸がんの家族歴がある方などは、尼崎市武庫之荘のいとせクリニックで、定期的に検査を受けられることをおすすめします。

こんな方はご注意ください

次のような方は、大腸ポリープのリスクが高いといえますので、尼崎市武庫之荘のいとせクリニックで、定期的に大腸カメラ検査を受けられることをおすすめします。

  • 大腸がんの家族歴がある方
  • 肥満傾向にある方
  • 栄養バランスの悪い食事(高カロリーな食事)を摂られている方
  • よくお酒を飲まれる方
  • お煙草を吸われる方
  • 50歳以上の方

など

大腸ポリープの日帰り手術

各種方法で切除します

各種方法で切除します

当クリニックでは、「内視鏡的粘膜切除術(EMR)」「コールドポリペクトミー」などの方法で、大腸ポリープを切除します。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

平坦なポリープなどに対して用いられる切除方法です。
切除する大腸ポリープに生理食塩水を注入した後、スネア(金属ワイヤー)を掛けて締めつけ、そのまま切除します。

切除部分を生理食塩水で持ち上げることで、安全かつ確実に切除することが可能となります。

コールドポリペクトミー

切除する大腸ポリープにスネア(金属ワイヤー)を掛けて、通電せずにそのまま切除する方法です。

切除後の出血や穿孔(大腸に穴が開く)などのトラブルが起こりにくいことから、近年、普及しつつあります。

大腸ポリープ切除後の注意

※記載されている期間は目安です。基本的には医師の指示に従うようにしてください

お仕事・運動

お仕事・運動

ポリープ切除後、1週間程度、激しい運動、腹部に負担がかかる重労働などはお控えください。

入浴

出血の恐れがありますので、入浴は3日程度控えて、シャワーだけで済ませるようにしてください。

飲酒

出血の恐れがありますので、飲酒は1週間程度、お控えください。

旅行

出血が起こった際、緊急処置が必要となるケースがありますので、2週間程度遠方へのおでかけはお控えください。

お仕事の都合上、遠方への出張が多い方などは、手術前にスケジュールを調整しておくようお願いいたします。

0664381107 0664381107

オフィシャルサイトはコチラ

top

ウェブ予約

06-6438-1107